Appointment 無料相談予約
Staff Blog スタッフブログ

ハザードマップでわかること

今回は無料で見ることができるハザードマップでわかることについてお話します。

土地の重要事項説明時にもハザードマップの説明はあるのですが、購入する前にも

それぞれの市役所HPでハザードマップを見ることができます。

千葉市HPより引用

 

一部説明させていただくと、土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域の場合、建築する上で

さまざまな制約が出てくることもあります。また長期優良住宅の認定申請ができないなど、建物の

認定申請でもできるできないが出てきます。

 

川が氾濫した時の浸水高さではその地盤の高さがわかり、当然地盤が低い場所は水が溜まりやすくなります。

水が溜まりやすいという事は地盤が緩く、地盤改良が必要になることもあります。

 

土地検討の際は、リスクが無いに越したことはないですが、そこまで避けずにどうすれば安全に建てられるか

対策を検討し、出来ること出来ないことの確認が大切かと思います。

この記事を書いた人

小玉 祐樹
実施設計担当

小玉 祐樹

Kodama Yuki

小玉 祐樹の書いた記事

Studio/Modelhouse スタジオ・モデルハウス

Contact us お問い合わせ

A senseの家づくりに興味のある方は、
「来店予約をしたいのですが…」とお気軽にお問合せください。