代表取締役

加藤 行人 かとう いくと

出身地

資格 宅地建物取引士

青森産まれ、北海道育ち、九州経由、現在千葉人です。
千葉県は温暖でよいところです。一年の大半は窓をあけて過ごせます。
窓を小さく、少なくする「閉じた家」よりも中と外を緩やかに繋ぐ家に可能性を感じています。
夏涼しく冬暖かい家を作るのは当然として、その先の「豊かさ」のようなものを設計、デザイン、そして施工で表現出来ればと思っています。

好きなこと(映画)10選

【裏切りのサーカス】
ル・カレ原作の映画化作品。とにかくこのサイズの映画が好きで、売れる前のトムハーディ、ベネディクトカンバーバッチ、そしてゲイリーオールドマンが最高の演技。

【誰よりも狙われた男】
名優、フィリップシーモアホフマンの遺作。この映画もジョン・ル・カレ原作の映画化。派手なドンパチのない静かなスパイ映画なんだが、ラストシーンの慟哭は映画史にのこる最高のシーン。

【息もできない】
韓国のヤン・イクチュン監督の作品。ちなみにヤン監督はこの一本しか映画を撮っていない・・・が韓国映画では最高の作品だと思っている。個人的にはアカデミー賞をとったパラサイトよりも良い映画だと思う。韓国の薄汚れた街並みがよく表現されていると思う。

【マンチェスターバイザーシー】
俳優として有名なマッドデイモンが脚本をし、ベンアフレックの弟のケイシーアフレックが主演を務めた映画。過去何千本も映画を見てきたが最も涙腺を破壊された中の一本。超良作。

【ゴールド 金塊を行方】
名優マシューマコノヒーのいわゆる「成り上がりもの映画」だけど、もう最高の映画。白ブリーフのまぬけな感じだとか。ラスト20秒、映画館で立ち上がって拍手をしたくなった一本。

【ボーンシリーズ】
マッドデイモンのボーンアイデンティティ、ボーンスプレマシー、ボーンアルティメイタムの3部作は何度も見返してしまう傑作。難しく考えなくても良い映画も良い映画。

【007 スカイフォール】
007シリーズはほとんど観たけど、ダニエルクレイグ版が好きで、その中でもスカイフォールが一番完成度が高いと思う。つい先日の「タイムトゥダイ」でダニエルボンドは終わったけど、良い終わり方だったと思う。

【ミッドナイトエクスプレス】
名監督アランパーカーの秀作。決して有名な映画ではないが、昔VHSが擦りきれるほど見た映画。音楽も含めこの1980年前後の不穏な感じの映画はとても好きなのだ。

【カッコーの巣の上で】
だれもが認める名作。産まれる1年前の映画。で、主演はジャックニコルソン。監督は「アマデウス」のミロスフォアマン。この映画も1シチュエーション映画なんだけど、ラストシーンにはグッとくる。最高。

【ルパン3世 カリオストロの城】
アニメ枠でいうとこのカリ城が最高。宮崎駿がまだ正義も悪もあり、純粋な勧善懲悪、エンターテイメントをやっていた最後の作品。ナウシカ以降、純粋なエンターテイメントはあまり作らなくったけども、この作品は今見てもホントに面白い。

【HANA-BI】
邦画枠。でいうと北野武監督の花火が良い。黒澤明も黒澤清も当然好きだけど、北野武監督の初期作は良い。岸本加代子さんも良い。ラストシーンも良い。