豊かに暮らす工夫 INGENUITY TO LIVE RICHLY

品質

環境が
心を変える

私たちが造りたいものは「心地よさ」という名の「環境」です。環境は心を変えます。どんな環境にいるかで人生は決まる。大げさな想いでなく本気でそう思っています。
心地よい環境は、穏やかで健やかな毎日を過ごす「心」を育みやすい。そんな環境を未来へ残す、どうです?ワクワクしませんか?住んだ後の生活がより豊かになる家づくりを、私達は目指しています。

千葉の気候に
適したすまい

千葉県は三方を海に囲まれ、台風や雨も多く「多湿」な風土です。この湿度と共生していくことが心地よく過ごすポイント。一昔前の日本の家にはそのヒントがたくさん詰まっていました。「蔵」や「古民家」に代表される調湿するという考え。エーセンスの住まいは漆喰と無垢の木が基本です。そんな本物の素材の家を、将来に引き継がれるようなデザインで建てる 。私たちが望むものは「健康で、快適で、心地よい環境」です。

快適な空間をつくる
設計

「住みやすい家は、人によって違う」と考える人もいるかもしれません。洗濯機と物干し場、クローゼットは近くにある方が、動線が短くなり家事が楽になります。キッチンの通路の幅や収納の高さが体に合うように設計されていると料理はしやすくなります。またいつも自然を感じながら過ごせるリビングは誰もが心地よいと感じられる空間のはずです。

吹き抜けによる解放感

内と外をつなぐデッキ空間

洗面所と脱衣所の分離

コミュニケーションキッチン

四季を感じる路地アプローチ

格子によるあいまいな遮蔽

気候に適した
ものでつくる

多湿な千葉で快適に暮らすには「調湿」「断熱」の考えが欠かせません。耐久性のある構造で、気候に合った素材を選び、確かな技術でつくりあげること。豊かな暮らしの基礎はココを抜きには語れません。

基礎

べた基礎

家が傾き沈んでしまう不動沈下に対する耐久性や耐震性が強く、湿気やシロアリ対策に優れています。

構造

ハイブリッド工法

選別された無垢材を用い、設計自由度の高い”在来工法”と耐震性・気密性の高い“2×4工法”をかけ合わせた工法

断熱

ダブル断熱工法

基礎断熱に加え壁の中での内断熱と、壁の外側への外張り断熱の2重断熱構造。

セルロースファイバー

木の繊維から生まれた環境配慮の断熱材、断熱・調湿・防火・防虫・防音の5つの特徴を兼ね備えています。

外壁

ウッドブリーズ

軽く、継ぎ目がく、耐久性も高い左官材。雨で汚れやカビが落ちいつまでもきれいな外観を保ちます。

内装

漆喰壁

調湿・消臭機能があり、菌やカビの発生も抑え、燃えない日本古来の万能素材

無垢床

本物の木の一枚板の床、丈夫で耐久年数が長く、使い込むほど深い味わいが生まれます。

遮熱と断熱

内外樹脂サッシの遮熱タイプと断熱タイプを使い分け。南・西には熱をはじく遮熱タイプ。北・東には熱を逃がさない断熱タイプを用いています。