代表ブログ STAFF BLOG

2022/03/23

3月半ば 東京

最近20度をこえはじめたと思ったら、急に雪がパラパラと。

 

寒い。

 

しばらくこんな感じなんでしょうかね。

厚手のジャケットをクリーニングか?・・と思っていましたが、少しばかりステイですかね。

 

さて、蔓延防止も少しずつあけて、ちょこちょこと単独で都内へ。

 

妹島和世+西沢立衛/SANAA展 「環境と建築」

シーバーズカフェ設計で有名な妹島和代展。

 

展を見た後に、その建築物を見たくなる。コロナは明けたのか、まだ明けていないのか。堂々と行くにはまだ時期尚早でしょうか。

 

 

国立近現代建築資料館の1940~60年代の「住まいの構想」展。

美しさ、カッコよさはこの頃から変わらないんだなと。シンプルで伸びやかな屋根。

学びは全部過去にある。

 

 

で、ホヤホヤの毎年恒例GAギャラリーの世界の住宅プロジェクト2022

テーマはやっぱりコロナでの暮らし方みたいなものが中心にあって。

それと中と外のランドスケープ。

それはそうだなと。地面の近くに建てる・住むということはそういうことだろうなと。

若い設計士が数人チラホラと。

20代の瑞々しい感性で尖った物を作って欲しいなと思います。

※写真禁止でした。

 

きっとまだまだなんでしょうが、やはり海外に行きたいなと。

美しいキエフは心残りで仕方がない。

 

バーチャルで、ネット上でなんでもわかった気・・というか。行った気になってしまうのは少しもったいない。

 

昭和50年代生まれは、やっぱりフィジカルを大事にしたい。

今年、大手をふるって海の外に行けるのだろうか。

 

話は変わってしまうが、厚労省が出した2021年の児童のデータは悲しいものがあった。

コロナで家に引きこもることで、自死・DVが計測以来最高値。

 

意味もなく街を歩くこと。意味もなく「いつもと違う景色、文化、食、に触れること」

は、きっととてつもなく「意味がある」のかもしれない。

 

有為でも無為でもいいが、外に目を向けたくなる。

 

東浩紀さんの提唱する「観光客の哲学」が、今、クリティカルに胸を打つ。

偶然出会ってしまう「誤配」にこそ大切なものがある。

 

 

この記事を書いた人