代表ブログ STAFF BLOG

2019/02/13

2020年の

さて、今年もルーティーン。

 

 

来年の採用活動スタート。

 

で、体調も悪かったので、全部はやめて、3年目の社員にお手伝いをしてもらいながら。

まあ、大人の成長=アウトプットの量だから。こういうのも。

 

アウトプットの機会が目の前にないと、大人は勉強しない。これは全くそうで、学生と一番違うところだな~。私も全くもってそうだ。

 

目の前に課題が立ちはだからないと、それをクリアする材料を集めない。いや集める人はまだ優秀だ。

 

こんなこといっちゃなんだけど、採用と育成と成果は必ずある一点で切り分ける必要がある。ぴったり同時はない。

 

混然一体でどうにかなると思ったけど、そうでもないな~というのが、感覚。

 

この子を育てるぞ!と決めたら「目に見える成果・結果」はある程度捨てる覚悟が必要になる。

成長の過程を、

①知っている人

②経験がある人

③成果が出せる人

④成果を出せるチームを作れる人

 

こんな4ステップなんだろうけど、まだまだ未経験・未熟な人間を③に引っ張り上げようとしたら、

「達人になるまで道場で練習させ、達人になってから戦場に送りこむ」ことは出来ない。

人はバーチャルだけでは成長しきれない。

 

かならず、本番である「アウトプットの回数」が必要になる。

 

そこはエース社員との比較したら、涙がちょちょ切れるくらいの成果の差がある。

 

企業にとっては損失と言っても良いかもしれない。

 

が、それでもアウトプットの機会は与えなければいけないのだ。

組織は「一番バランスが良い状態」が訪れたとしても「そこに留まれない」ものだからだ。

 

人が育ち、育てる風土が良い。土壌は踏み固めない方が良い。良い企業を見ていると次から次へとエース候補が産み出されている。

企業文化も緩やかな方が良い。

 

育成は投資だ。経営者はやっぱりどこかドライだから、そこにリターンを求めてしまう。

 

離職率が3年で5割が当たり前の業界もある。悩みながらではあるけども、信念を持って、チームビルドしていくしかない。

 

今年の4月には平均年齢が30,5歳の組織になる。全員はエースに引き上げられない。本人の自覚と才能と情熱に期待!!

 

 

この記事を書いた人