代表ブログ STAFF BLOG

2021/10/14

10月半ば

さて、つい最近まで30℃あった気温もササっと20℃以下に。

 

体温調節がむつかしいですし、服のセレクトに少しでも意志力を使ってしまうのが悔しいですね。

 

4か月振りに全体会議を行い、皆の顔を。

 

支店が増えたり、現場が増えると一堂に会することがまあまあ奇跡的です。

 

さて、ルールが増えることは「クリエイティブ」を奪うか?

 

みたいなテーマを全体会議で。

 

どうでも良いとも思うし、どうでも良いとは思えない。

 

人と人の間で仕事をしている以上、ルールは必要なのは言わずもがな。

 

そして人が増えると比例してルールも増えるな~という実感も。

 

で、ルールや約束事はクリエイティブを奪うのか。

 

そんな事を思いめぐらせた。

 

仕事はサッカーに似ているなと思う。

 

野球と違い1打席、一球ずつの間がない。

 

試合が始めれば、功も守もシームレスに動いていく。自分たちのコーナーキックという最大のチャンスの30秒後に決勝点を決められたロシアW杯のベルギー戦などその極地だ。

 

で、もう一つ。どんなに作戦を考え、対策練習をしても試合が始まったら選手は常に判断の連続になる。

 

なぜか?相手がいるからだ。相手はこちらのシミュレーション通り動くはずもない。

 

では、事前の約束事やルールは不必要で「選手の自主性に任せる」チームは強いか・・・。

 

少なくともヨーロッパの世界トップレベルの争いの中でそんなチームは皆無だ。ありていに言えば弱い。

 

良いタレントを何十億でかき集めただけのチームは、良いタレントが集まり、なおかつチームとしての方向性、約束事が浸透し、かつしっかりとした訓練がなされているチームにチンチンにされている。

 

特に守備戦術は顕著で、AがチェイスにいったらBがスライドしてCがDの地点まで戻る、を約束事にしている。

 

要はパターン化、自動化し、サッカーに「迷いがない」。

 

そういうチームがここ数年ヨーロッパの覇権を握っている。

また、面白いのが、強いチームは約束事を何パターンも持っていて、時間帯ごとに「作戦」をスムーズに移行する。

 

そこまでガチガチにルールを決めているのであれば、クリエイティブさに欠けるのではないか?

 

そう思う・・・が、全くそんなことがない。

 

自動化出来うるところは全て自動化し、他、局面局面においてはいかんなく技量を発揮している。

 

まさに、仕事みたいだ・・と思う。

 

方針が決まっているから、迷わず、ダイナミックな仕事ができる。プレイができる。

 

ヨーロッパの強豪がみせる、約束事とクリエイティブが混在するサッカーは見ていて美しい。

強さとはこう定義できるかも知れない。

「才能のある選手が、チームの目的に対して、迷わずにクリエイティブを発揮し、かつ、しっかりと訓練されている状態」

「才能がある選手」「目的がはっきりしている」「訓練されている」の3つ。

 

総じて、強いチームの監督は「選手の自主性に任せてますから」とか言わない。

それはたんなる「責任逃れ」と知っているのだろう。

 

僕らの事業も人が少しずつ増えた。

年間の着工数も100棟に迫る。

 

ルールは増えていく。約束事も。が、クリエイティブは発揮されなくなるわけではない。

そして工務店業は1人で完結することもない。

 

いつだってチーム戦なのだ。個人の自由気ままな才能が、意思統一され、訓練されたチームに勝てる事などない。

 

そんなことを「選手の自主性」を連呼する森保JAPANの今の戦い方を見て、思った。

 

タレントが個人戦術をかき集めても勝てやしないのだと。

 

この記事を書いた人