スタッフブログ STAFF BLOG

2020/08/05

防音対策ってどんなことをするの

こんにちは

住宅アドバイザーの大久保です。

さて、本日はご新居を検討されるお客様から、時より相談いただく防音対策についてお話します。

防音対策とは、どんな時に需要があるのでしょう

 

 

2世帯住宅など、お互いの生活音に配慮しなければならない場合

楽器の演奏など、音の出るものへの対策

 

思い浮かべるのは、上記のようなケースではないでしょうか。

今回は、実際に防音対策の施工をさせていただいた、

お引渡し後1年のT様に使い心地を聞いてきました。

T様のお宅は、2階にリビングを計画させていただきましたので、

リビングんでの生活音が1階の個室に漏れないように、防音対策を計画させていただきました。

 

計画段階では、

・防音ドア  /  吸音ウール  /  遮音パネル

を、壁や床、そして建具に計画させていただきました。

実際の住まい心地ですが、

テレビの音を大音量にし、ご家族が普通に生活されていても、

気になるような音はしませんでした。

しかしながら、お子様が2階でドンドンと跳ねたり。走ったりしてもらうと、

音は伝わってきました。

 

今回の防音対策は、

2階のリビングで、生活をしながら、リビングの真下のあるお部屋で、

集中して勉強や読書ができる空間のご提案でしたので、お客様のご要望通りのご提案ができました。

 

実際に、私も体感させていただきましたが、

暮らしやすいお住まいになってよかったなと思いました。

日頃のお打ち合わせでは、多様な暮らし方をご提案させていいただいておりますが、最近では、テレワーク用のスペースをご希望されることや、防音対策に関しても、こだわりをもってご来場される方が、多くなってきたように感じます。

 

ご要望に沿えるよう、スタッフ一同、頑張らせていただきますので

気軽に相談していただけますと嬉しいです。

大久保でした