スタッフブログ STAFF BLOG

2021/11/23

玄関タッチキー CAZAS

こんにちは。アフターメンテナンスの村上です。

 

先日、約8年目の銚子のOBのお客様より問合せが有りまして、

お伺いさせて頂きました。

内容は、LIXIL製の玄関扉タッチキー(鍵)のCAZASについてでした。

 

『 リモコンをポチっと押すと上の鍵は動くのですが、下の鍵が動かないんです、

  手動では動くのですが。 一度見て頂けますか? 』

『 承知しました 』

 

 

回すとカチカチ音がしました。 何かが引っ掛かってる。

まず、穴に白い粉状のスプレー(鍵穴の薬)で様子を見る。ダメでした。

 

次、ラッチ受けの調整を確認。必要なさそう。

 

次、業者に確認。  業者より『 交換ですかねー。多分塩害です 』

しかし、納得いかなかったので、自分の納得いくまで作業する事にしました。

分解して原因を調べます。

白い箱の中まで分解して、途中中のボール等の取扱いに凄く焦りましたが、

最終的には、元に復旧可能。 どうでしょうか。。。。

 

1時間半程度奮闘しましたが、、、結果ダメでした。 

経年劣化(摩耗)と 銚子という海に近い環境も有って

” 塩害 ”の影響も考えて、お伝えし 結果・・・交換という流れになりました。

 

 

お客様 大変お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。

 

帰りは、帰り道通り沿いの 『 銚子電鉄の ぬれ煎餅駅 』 に行きました。

 

 

こんなかわいい車も有ったので、撮ってみました。

 

ほぼほぼ 行きと帰りと作業でい一日が終わってしまいました。

そんな一日も有ります。

 

以上 アフターメンテナンス担当の村上でした。