代表ブログ STAFF BLOG

2020/12/26

年末感

今年の仕事も今日を含めてあと2日。(28日からお休み頂きます。)

 

今年はコロナもあり、恒例の餅つきは中止。残念。

 

土日と最終日が重なったので、最後の最後までスタジオは賑やかですね。
(きちんとコロナ対策は・・)

 

いつもこの時期は「あっという間だったね」と思うのだが、今年は長かった。(と感じている)

コロナ前、コロン後でマインドが切り離されているからか、

今年の前半戦の事がかなり過去の事のように感じる。

 

1~3月、何をやったっけ??だ。

 

当然、今年は映画も40本程度しか観に行けなかった。

 

コロナがあり、仕事の仕方は世の中的には大きく変わった・・・・といわれている。

 

が、正直言うと、大きな変化はなかった。

 

テレワークを導入したりしたが、現場は現場で動いている(当たり前か)

 

落ち着いてきた9月以降、正直に言うとここ10年で最も忙しかったのではないか。

 

手で水を救うような日々の中、大急ぎで走った。そうせざるを得ない状況だったのだ。

 

が、当然、その水の多くはこぼれ落ち、もう拾うことはできない。

 

後悔しているかと言われれば、している。

が、やり直したいかといえば、そうは思わない。そうなる流れだったし、必然だったし、良い悪いの波は必ず等価になることを、経験上知っている。

 

 

大工や左官屋さんの手仕事で仕上げていく工程が多いので、大量に簡単に量産できるタイプの家ではない。

来年の着工、完工数に限りがある。

職人さん、会社、ユーザーにとって大切なのは、商品のクオリティ、安定した受注、常に仕事がある・・というのは特に職人さんにとっては大切で、どれを欠いても企業は長続きしない。

 

と、考えると、来年の冬までの着工予定がほぼ埋まっている。

 

ホスピタリティ、良い体験というサービス業と、正確かつ速さを求められる製造業、商品開発をするメーカーという3つの側面がある。

 

全てを高見で安定させる必要がある・・・し、その高見の設定は僕の視座が決める。

 

「許せないライン」は年々あがっていき下がることはない。基本的に周りの社長さんでおおらかな人にあった事がない。みな、どこかピりっとしていて、これも必然だと思う。

 

「順調ですね。」と声を掛けられる。(ことがある)

 

にこりと笑いながら「どこが?」と言う。

 

「不足」を「マンパワー」と「無理」でどうにか埋めている。

 

僕らの天敵はやっぱり、シニシズムとニヒリズムだ。

 

若い時、わかっちゃった感を悟ちゃった感を出すのは100歩譲ってわかる。そういう時期もある。

 

が、40ももう半ばで50が見えてくると、シニシズムなんか持って、気取ってる時間も、暇も、残り時間も大してないと気付く。

 

合言葉は、「今を必死にやっとけ。なりふり構わず生きろ」くらいしかない。

 

良い刺激が周りにはあるのはありがたい。

優秀な人はドライではあるが、止まらず手を動かし、手を打ち続けている。

 

「一万時間の法則」を提唱したマルコムグラッドウェルは努力を「累積するアドバンテージ」といったが、まさに、その1㎜を積み上げるしかできない。

 

コロナの余波はきっと来年も続く。

 

バタバタする日々が続くことは自明だが、そのバタバタの日々もまた楽しい事も自明だ。

 

 

 

この記事を書いた人