スタッフブログ STAFF BLOG

2022/04/09

小さな旅編。


コーディネーターの若林です。

小さな幸せ。

今回は小さな旅編。

 

我が家は毎年春になると益子へ出かけます。

旅と言うより一年に一度ただ益子をぶらぶらするだけの遠出散歩のような小さな旅で

フォレストイン益子という町営の宿を常宿にして10年程通っています。

この宿は内藤廣さんの設計で大き過ぎず小さ過ぎず、とてもよい塩梅の宿です。

(お値段がお手頃なのも魅力、旦那様と中学生の息子と私の3人で泊まって16000円♪)

自然公園の中にあり、奇抜過ぎず、溶け込み過ぎず、気持ちの良い風を感じるような外観。

内部はプランも素材も内藤さんらしく、簡素ですがとても丁寧に考えられ光と風を活かした心地よい空間です。

内藤さんの建物はシンプル故に日々のメンテナンスで時々残念だなぁと思う建物がありますが、この建物は大切に使われています。

とはいえやはり年数が経つと経年変化を楽しめる素材と経年劣化でそろそろ取替えた方が良いなぁと思う素材とが顕著にでてくる時期。

何度も通う建物の楽しみ方でしょうか。

今後、元の建築を活かしたまま程よいメンテナンスをしてくださると良いなぁー、と思っています。

 

宿のお楽しみは建物だけでは無く、隣接したレストランの美味しい朝ごはん。

食後に自然公園の中を2時間程度ゆっくり散策するのもお楽しみ。

桜の楽しい春の時期が我が家の定番ですが、どの季節も気持ちが良いと思います。

益子は新しいお店が少しずつ増えて変化があるのでそれを見つける楽しみもあります。

数年前に出来た益子の道の駅で、新鮮な野菜と美味しすぎるベーコンも忘れずに購入。今年は桜の花も買い(なんと190円!)

帰宅した後、桜を飾り楽しかった旅の話をしながら益子の食材のお料理を楽しんで・・・

ほんの少しいつもと違う景色の中、日常のアレヤコレヤはちょっと置いて・・・

家族との会話を楽しむ時間。奇抜な事はありませんが、この春の小さな旅は家族にとって大切な時間です。

 

 

※今年は急に予約を取ったので、初めて車椅子対応のお部屋で通常とレイアウトが異なります。

ご興味のある方がいらしたら「フォレストイン益子 建築」で検索すると写真や実測した間取りを

公開されている方が沢山いらっしゃいます。ご参考になさってください。

 

この記事を書いた人