スタッフブログ STAFF BLOG

2022/03/27

小さな幸せ。 背伸びしたかった夢…叶う?!

コーディネーターの若林です。

今日は暖かく、一気に春めいてきましたね。

さて今回も小さな幸せ。背伸びしたかった夢叶う?!編

 

我が家は築30年の古いマンションです。

スケルトンにして夫婦で自由に設計しフルリノベーションしたものでかれこれ11年程経ちました。

 

設計する際に私がこだわったのはマンションですが無垢の床にする事と、

光と風を目一杯活かす事、それから床の間的なスペースを作る事。

悩んだのは床の間的なスペース。

学生時代に通った茶道の先生のように、季節や、もてなす気持ち、その時の自分の気持ちを床の間に設え飾る。

そんな心の余裕が持てたらいいなぁと夢を持っています。

とはいえ、和室はあっても本気の床の間は家のデザインには合わない図面を眺め、

さてさてどこにどんなスペースを作ろうか本当に使える日が来るかわからないし

と迷った時に家具職人の義理の父が作った素敵な箪笥を思い出しました。

旦那様が故郷を離れる時に作ってくれたという思い出の箪笥です。

この箪笥をリビングに置きそこを我が家の床の間に。

息子の小さかった頃は彼の作品やら息子のその時々のコレクションが飾られ

息子が中学生になり11年目にしてようやく私の時代がやってきました。

最近は疲れているのか、元気のでそうな色の花を飾る事が多い気がします。

在宅ワークの多い旦那さんの楽しみにもなっているようで、時々花を買ってきてくれます。

しばらくは季節を楽しむ事しか出来ないかなぁいつの日かおもてなしや、

自分自身でもっと楽しめる設えの出来る人になれたらいいなぁーと夢見ています。

 

新しい家で、夢みる自分の姿はありますか?

必要なものだけでは無く、成長した自分を夢見て種をまく、そんな家づくりの楽しみ方はいかがでしょう。

 

因みに本来この箪笥を置きたい場所には只今息子のバスケットゴールが

時に私のドライフラワー制作場にも・・・

臨機応変、家族みんなで楽しむ家!が今の我が家・・・

背伸びしたかった夢…いつかきっと叶う日は来るはず・・・です!

この記事を書いた人