スタッフブログ STAFF BLOG

2021/12/05

塗り壁、パターン決め。

こんにちは、設計の押谷です。

弊社は漆喰の塗り壁を標準仕様としているのですが、

塗っていく前にお施主様に現場へお越しいただき、

職人さんと塗り方のパターンを決めるお打合せをいたします。

 

 

実際に塗る漆喰をつくっていきます。

まずは漆喰の元、消石灰をバケツに入れて、

 

 

適量のお水を入れながらこのような工具で練り混ぜていきます。

 

 

できあがったものをスタッフの関口さんに

2階へ運んでいただきました!

重そうですね。

 

 

左官屋さんに漆喰の歴史から

左官のテクニックまでお話があり、

 

 

瞬く間に一面を塗り上げていきます。

バケツ一杯で、写真の壁面積の2倍くらい塗れるそうです。

 

 

数種類の塗り方を見ていただき、確定となりました。

塗上げた壁の漆喰を取り除いて、、、

せっかくなので、お施主様も左官体験!

 

 

接着剤を混ぜていないので、垂直な壁に塗るのはなかなか難しいのですが、

ご主人様はコツをつかまれたようです。

 

 

 

続いて奥様もチャレンジ!

左官屋さんのスパルタな教えが良かったのか(笑)、

最後は小手の後ろを使って端まで綺麗に仕上げていました。

さすがです!

 

 

来週には漆喰の壁に手形をつける予定です。

オンリーワンのお家ですね。

また来週、よろしくお願いいたします。

この記事を書いた人