スタッフブログ STAFF BLOG

2020/12/14

住まいの小噺(湿度)

皆さんこんちは!

 

営業設計の小島です。

 

12月になり寒くなると共に、空気か乾燥する季節になりました。

私は大口を開けて寝ているので、口内が乾燥しない様に加湿器が手放せません。

 

さて、当社は様々な心地良さを追求しておりますが、

その一つが『湿度』です。

 

湿度は体調に及ぶ影響が大きいので、常に快適な湿度を保つ事が大切です。

 

例えば弊社が使用している漆喰の壁や無垢の床材は水分を含み、放出してくれますので、

天然の加湿器、除湿器と言われています。

 

ここで突然ですがクイズです!

 

木造の柱も水分を含む特性があるのですが、1本の柱にどれほどの水分を溜め込む事が可能でしょうか?

 

A:スプーン一杯

B:缶ジュース1本

C:一升瓶1本

 

 

 

 

答えは C です!

 

乾燥時には1本の柱で一升瓶1本分の水分を放出してくれるという事ですね。

木造住宅の知恵です。

 

 

本日もお読みくださり有難う御座いました!

 

この記事を書いた人