代表ブログ STAFF BLOG

2018/10/18

コチラに移動

と、言う訳で、ライブドアブログさんには3年半ほどお世話になりました。

 

で、その前はアメブロさんでした。これは7年くらい。

 

実はその前はライブドアブログで2年くらい。

 

色々SEO的な事とか考えて、ここのHP上で更新することに。

まあ、10年以上やっていると、意外とブログで伝えたい事もなく。

やりたいことは実業でアウトプットしていますし、同時にブログを始めた経営者仲間は皆、ブログをやめていったので(他のSNSに移った??)。細々と続けようと。

また、双方向のSNSが苦手なので、言いっぱなしで済むブログはやっぱりいいなと。という訳でこちらで。

 

さて、「憂鬱じゃなければ仕事じゃない」ってのは、幻冬舎の見城さんの言ですが、まあ、そうだなと。

夢とか理想とかを持っていれば持っているほどそうなるのもまあ、そうだなと。

現実から理想までの「不足」の事を、憂鬱っていうのでしょうが、

そう考えると、まあ毎日憂鬱っちゃ憂鬱です。まあ、中小の社長なんてみんなそうか。

不足は目標や夢が大きいものです。

目線を上げる時のアドレナリンが分泌する感じは中々の快ですが、その後に待っている、延々とした処理や仕組み造りは味噌作りよりも地味かつ、正解ルートのない遠回り作業。

そして、8割くらい思い通りにいかない。

だから、早くたくさん試行錯誤→実行して、早いとこ失敗した方がよい。

遅いは悪なのだ。何故なら、十分吟味した打ち手と、パッと閃いた打ち手の勝率は全く変わらない。っていうか、おそらくゆっくりと吟味した方が勘を鈍らせる。

みんなの意見を参考に・・・なんてのは最悪だ。

「それについて一番深く思考した人の一票」と「議題にあがったからなんとなく投票した一票」が同列なわきゃない。

 

という訳で、世間は運動会シーズンだ。ママさんの多いうちでも、運動会がなんちゃらって話が出る。で、ご多分にもれず、うちも今週だった。

 

ヘルニアの僕は、はなっから白旗を上げてるんだけれど。

 

ちなみに、ハロウィンの季節でもある。

 

各スタジオに子供チャンが来た時のお菓子が置いてあるのだが、そのセレクトが「ハッピーターン」であるのが適切かどうかは、意見が割れるとこだとも思う。まあ美味しいんだけどね。

この記事を書いた人