スタッフブログ STAFF BLOG

2020/11/11

どんぐり

こんばんは、広報部の松井です。

 

 

早速ですが…

先日、自室の掃除をした際にでてきたものをご紹介いたします。

 

 

こちら、どんぐりの形のおはじき。

 

学生時代につくったものがごそっと出てきました。

 

こちらはナラ材でつくったものです。

 

 

仕上げ無しで終わっていたので、家にあるもので仕上げをしてみました。

 

 

 

 

試したのは、2つ。

 

・蜜蝋ワックス。  エーセンスの住宅でも、床材の仕上げに使われているものです。

・オリーブオイル。 料理にもよく使われていて、身近なものではないでしょうか。

 

 

 

早速、試します!

 

 

こちらが、蜜蝋ワックスを1回塗ったものです。無塗装に比べて飴色になるので、深みがありきれいですね。

 

 

 

 

こちらが、オリーブオイル1回目です。蜜蝋ワックスとそんなに変わらない?くらい、きれいに飴色になりました。

 

 

 

塗りやすさでは、おはじきの大きさが3cmほどしかないので、バター状の蜜蝋ワックスよりもオイルのほうが薄く塗りやすく感じました。

しかし、オリーブオイルは不乾性の油なので、少しべたつきが残ります。

 

 

オイルの種類を調べてみると、

木製の家具には 乾性の油のもの、荏胡麻油や亜麻仁油、クルミ油がいいんだそうです。

時間がたつと乾くため、べとつきがあまりないです。

蜜蝋ワックスは、蜜蝋と荏胡麻油を混ぜてつくられているからなのか、オリーブオイルで仕上げたものよりもサラサラとした感触になりました。

 

オリーブオイルを塗った後、しっかりと乾拭きをすると、べたつきも気にならなくなりました。薄くつけることが大事なんですね。

木製のお皿やカトラリーなどは比較的小さいものなので、そこまで気にならないと思いますが、大きな家具など広い面での使用は、注意が必要です。

 

私の家にある木製のカトラリーなどのお手入れは、荏胡麻油やアーモンドオイルを使っています。

個人的には、アーモンドオイルの香りが好きで、よく使用します。

 

 

 

 

何度も繰り返し磨いて、オイルを染み込ませていくと味が出て、より深みのある色になっていくので

これからが楽しみです。

 

ほかの木材でも作ろうかなと思いつつ、

もう、どんぐりや紅葉の季節かと、木の実拾いをしたいなあと思いにふける日になりました。

 

 

以上、松井でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!