私たちの住む千葉の木で、
私たちの家を造る
年間限定
5棟

県産材にこだわる From Chiba Prefectur

木材73%が輸入
それらの多くに「防腐剤」が
塗り込まれている。

「自然素材」「エコ」「無添加」というワードや無垢材を使った家づくりが流行しています。
しかし、その一方で日本の林業が衰退の一途を辿っていることをご存じですか。現在、日本の総木材供給量は約 7,440 万㎥。そのうちの約 73%(約 5,431 ㎥)が海外からの輸入に支えられているのです。食料自給率の低下や少子高齢化だけではなく、日本の家に日本の木が使われていない状況を憂う声はあまり聞こえてきません。なぜなら、そこに大量の防腐剤が使われているという現状がまったく知られていないからです。

千葉の林業は、
さらに崖っぷちに
追いやられている。

林業従事者の減少、森林所有者の高齢化。千葉県の林業はすでに成り立っていません。杉や檜が生息する森も、間伐が行われなくなれば大地は痩せ、土砂災害を引き起こします。スギ林が放置されれば花粉症患者も急増する。日本の森林の 40%は木材の供給を目的に造られた人工林なのですが、木が売れず、人が山から離れたことで放置された「死んだ森」も数多く存在してます。そして、海は森でできているのです。これは有名な言葉ですが、まさしくそのとおりであり、ここ最近の頻繁な土砂崩れなどはこの「森が荒れる」事が原因と言われています。

千葉県で育つ
木材の質は高い、
乾燥技術も最高クラス。

千葉県の森には、樹齢 60 年を超える杉やヒノキが育まれています。しかし、この素晴らしい材料を使用する専門工務店は無いに等しい。 千葉の森の現状を知り、千葉県で育った木材の質や乾燥の技術を知れば「なぜ」という言葉が頭をよぎります。 林業という生業は、海の生態にも直結する。つまりは山が荒れれば海まで荒れてしまうのです。 建築という生業を行っていく以上、地元林業との結びつきや未来環境の事を考えるのは、至極当然。木に活かされている商売だからこそ、木を敬い、自然を大切にする心を決して忘れてはなりません。

“千葉の森の家”の促進は
“千葉の森の美しさ”の促進

林業の方とお話をしていると“川上”と“川下”という言葉が出てきます。ここでいう川上側とは「森から木を伐採する側」で、川下側は「木を二次加工三次加工し消費者に直接販売する側」という事。日本の木、そして千葉の木は外国から安く大量に輸入される木材に全く見劣りするものではないし、何よりも防腐剤などの薬剤漬けにする事もなく、それこそ「素性のわかる材料」として使用できます。川上側である林業、森林組合の方がいくら頑張っても、川下側の受け皿がなければ全く意味をなさないのだ。この“受け皿”とは消費者の方の理解といえるのかもしれません。

千葉県森林組合 事業課長 磯部 良己 氏

反対に川下側が「県の良い木材を使って、顔の見える建築をしたい」と思っても、伐採間伐計画から搬入経路の確保、そして乾燥技術などが問題にもなる。この「千葉の森の家」という事業は、この川上側から川下側、そして行政機関が一体になって取り組む事でしか絶対に成り立たちません。川下側である工務店や家具屋が、千葉の無垢の木を用いて良質な住宅を建て良質な家具を造っていく。その受け皿により産業として成り立ち、川上側は木材を販売した利益により、山を守るプロジェクトも雇用が出来るようになるのです。

ナトゥアリーべ明石屋有限会社 代表取締役 坂井 克行 氏

こうして森が守られる事により数十年後、私たちの孫世代の家造りなどに採用されていくはず。だからこそ森を管理していく事はとても大切なのです。数十年後に綺麗に管理された森が千葉に蘇る事を思うと、「千葉の森の家の促進」はイコール「千葉の森の美しさへの促進」で在る事ができる。森林組合を中心とした林業、一次加工、二次加工をする製材業者、消費者に届ける工務店や家具工房、そして行政。この四位一体の合同プロジェクトがこの「千葉の森の家」。千葉県が数十年後、美しい森の県になることを目指して。

A-sense建築設計事務所 代表取締役 加藤 行人

“千葉の森の家”の5つのコンセプト Ai-sya 5 Consept

1. 顔の見える材料

どこの山に何年前に植林をし、樹齢何十年経った樹木なのかを、誰がどのタイミングで伐採し、だれが乾燥させ、誰が製材をし、どの職人が現場で組み上げていったのか。その全てが見えると言う点。これは消費者側だけではなく、造り手側も目指すべき理想と言えるでしょう。それが千葉の森や海、そして雇用を守る事になるためにもなるのです。

2. 高い乾燥技術で作られた木材

現在日本で流通している輸入木材のほとんどは、早く安く簡単に・・という売り手側の理屈から、100 度を超える乾燥釜で2~3日で乾燥をさせています。これでは木材が持つ酵素を壊し、粘りのない素材を産んでしまう。反対に自然乾燥や低温乾燥でゆっくりと乾燥された木材は年数が経つほど照りが出て、木材の中の割れも非常に少なくなります。もちろん私たちは後者を採用しており、さらに木材の持つ強度を検査して非常に質の良い無垢の木を使用しています。

3. 特Aランクの千葉県産材

安易に安価な外材や他地材ではなく、地元千葉で育成された樹齢 60 年以上の特 A 材という良質な材料だけを柱に採用しています。それも年輪廻りの赤身を中心とした、芯を持つ材料を厳選して。千葉県は降雨量が少ないため、実は 1 本の丸太から図太い柱材がとりづらいのです。それが故、1 本の木から 1 本の柱材を採るという贅沢な使い方をしています。家に使われる木材全てを千葉県産材にすることは現状ではかないませんが、出来うる限り地産材を採用し、近い将来には全部の木材を千葉県産材にできるように努めています。

4. 素材を活かす無添加で心地よい空間

室内空間には、出来るだけ自然な物を採用します。千葉で育った無垢材の床、100%自然素材の漆喰。地杉や地松を使った天井材。接着剤、化学溶剤などを極力使わない事で、シックハウスなどを防ぐのは勿論の事、無垢の木が時間と共に艶が出て、変化していく様も、生活と一緒に味わっていただけます。
無垢の木は湿度を吸放出してくれ、また、多孔質うえたくさんの空気を含んでくれます。また、無垢の木や漆喰の質感は均一な模様ではなく、適度なゆらぎがあります。その不均一な模様が見るもの安らぎと落ち着きを与えてくれると言います。仕上げのワックスも蜜蝋素材を選択。お子様が万が一口に入れても安全なものをセレクトしています。

5. 地域の景色を紡ぐ大屋根デザイン

「家のつくりやうは、夏を旨とすべし」
これは約 650 年前に兼好法師が徒然草の中での一節です。心地よい暮らしをするうえで大切なのは自然エネルギーをしっかりと家の内部に取り込む事です。深くシンプルな大屋根デザインをお勧めします。夏はその日射を防ぎ、冬はその陽を室内に取り入れる事で、心地よい温熱環境を作ります。また、軒を深くする事で、外壁の劣化にも少ないというデータも出ています。
日本の家は2枚の大きな屋根を深くかぶせる。シンプルに深くかかる大屋根は流行り廃りとは無縁な、どこか懐かしく、普遍性のある美しい日本家屋であり続けてくれます。

林業と消費者を繋ぐ媒介としての事業へ

良質な材料、良質な乾燥、良質な製材、そして良質な設計と施工。これらがひとつでも欠けては、このプロジェクトは上手くいきません。しかしもっと大切なのは“千葉の森の家”に住まう消費者です。千葉の森の貴重な材料を用いて、いかに満足のいく暮らしを提供できるか。これは私たちの永遠の課題でもあります。

良質な木材は残念ながら無尽蔵には出てこないので、森の整備スピード以上の製造はできません。無理をして質が低いものを出してしまっては本末転倒です。森林組合との連携の中で初年度であった 2015 年度から年間限定 5 棟でプロジェクトを進めています。
千葉県で生業を行う工務店として、千葉に住まう人が千葉で育った木で家を建てるお手伝いし、地場林業と消費者を繋ぐ媒介でありたい。千葉で生きていくことは、千葉が元気になることに尽力することだと心から思っています。

千葉の森の家:藍舎 実例

中庭を愉しむ家 市原市ちはら台東

西側に大きな公園がある恵まれた立地を活かした開放的な和モダンスタイルの住まい。家の中心に中庭=ウッドデッキを設置。リビングとダイニングに囲まれたデッキスペースは、屋外と室内を緩やかにつなぐ空間に。

スキップフロア×
薪ライフを楽しむ平屋の家
長生郡睦沢町

大きく屋根をかけたファサード。子供たちが縦横にかけめぐるスキップフロア。そして温かみのある薪ストーブ。コの字でぐるりとデッキを囲み、広々と広がる暮らし。田園と山並みの間に建つ、田舎暮らしを愉しむ家。

大人空間と飾り棚で魅せる家 山武郡横芝光町

緑豊かな土地に建つ和モダンハウス。汚れが気になりにくいアースカラーの外壁にブラウンの小窓とナチュラル色を使用した周囲に溶け込む建物に。L字でつながるリビングとダイニング、キッチン。リビングでの団らんとダイニングの落ち着いた空間を使い分けます。

木材は家になっても生きていく。
だから、千葉の家は千葉県産材で。

「地域材を広めたい」「林業を盛り上げたい」というのは、ひょっとしたら造り手のエゴかもしれません。事実、金銭的な意味で言えば、その家で暮らす家族のメリットは少ないと思います。しかし、太平洋から心地よい風を受けることのできるここ千葉県で「快適に過ごせる家」を作るのには、この環境で育った「県産材」を使うことがベストであると考えています。
そして、地域林業とエンドユーザーを結びつけることができたならば、私たちは幸せです。

エーセンス建築設計事務所株式会社 代表取締役 加藤 行人

藍舎キャンペーン相談ご予約フォーム RESERVATION FORM

LINE公式アカウントでも24時間受付

新型コロナウイルス感染拡大に伴う
スタジオ【完全予約制】への変更のお知らせ

A-senseでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、スタジオのご案内を完全予約制に変更させていただきます。

お客様とスタッフの安全確保を目的に、3つの密(密閉・密集・密接)を配慮した上で、相談時間は2時間を上限にさせて頂き、ご案内とさせてただきます。

対策と取組

アルコール除菌

スタジオ入口にはアルコール除菌を用意しております。相談後に滞在された箇所、机、カウンター、ソファ、おもちゃなどは都度除菌作業を行います。

定期換気

相談中には定期的にスタジオ内の窓を開放の上で換気作業させていただきます。

スタッフのマスク着用

感染予防のため、ご案内時にマスクを着用させていただきます。

スタッフの検温徹底

全スタッフの朝・昼の検温を行い、37.5℃以上の発熱等、風邪の症状がみられる場合は自宅待機としております。

    内容をご確認ください

    【個人情報の取り扱いについて】
    本フォームからお客様が記入・登録された個人情報は、資料送付・電子メール送信・電話連絡などの目的で利用・保管し、第三者に開示・提供することはありません。