喫茶とカフェ

投稿日:2020年06月03日

こんにちは。
住宅アドバイザーの河野です。



皆さん、喫茶とカフェ、と聞くと
それぞれどのようなイメージをお持ちですか?

photo by Melbourne



ネットで検索してみると、
お洒落で明るい感じが「カフェ」、
昭和レトロな感じが「喫茶店」、
などなど色々と出てきました。


実際は営業許可の種類の違いで分けることが多いのですが、例外もあるようです。


ちなみに私は今どきのお洒落なカフェも好きですし、高架下にあるような古くディープな喫茶店も好きです。


今回はそのどちらとも言い難い・・独特な雰囲気のある千葉の名店をご紹介させていただきます。




ここは長生郡一宮町付近。


一宮インターをおりて少し走ると目印のローソン。
そこから車で2分くらいのところにある


『 KUSA.喫茶 自家焙煎coffee+pan 』 さん。


open+矢印
藁と漆喰の壁
左のドアがお店の入り口、正面が実験室のような焙煎室






お店の扉を開けるとたちまち豆の香りに包まれます。

手前にテーブルとイス、窓辺に四季を眺めるカウンターがあり、

奥にアトリエのような展示コーナー。




展示室にある高さ20cmくらいの小窓




空間設計は、海辺の修道院をイメージされたそう。


緑を切り取るための大小様々な窓が印象的な空間でした。



**店内撮影はご遠慮ください、とHPに載っているためご想像に**



珈琲のお味は言うまでもなく

店主の珈琲と空間造りに対する情熱と真摯さに畏敬の念を抱くほど

素晴らしき異空間です。

【公式HP】 http://kusacafe.com/





カフェコーナーのある家の事例






さて、カフェ繋がりで弊社の施工事例をひとつご紹介。



自宅にカフェスペースをつくりたい!

というお施主様のご希望で

キッチン横にこんな空間を設計させていただきました。





グレーの漆喰。

この春にお引渡しさせていただいたお家です。



長らくの外出自粛の影響で自宅をより豊かに、

と考える方は増えたと感じています。



心地良い空間で過ごす時間が

皆さまの明日への活力となりますように。


この記事を書いた人

河野知佳

河野知佳

2020年6月3日 投稿|