海とサーフィンの街、千葉
ここ千葉は「何の街?」そんな事を聞かれる事がある。
僕は迷わずこう答える。
「海とサーフィンの街だよ。」
外房、そして内房という海に囲まれたここ房総半島。
太平洋側の外房。
九十九里浜は一番上の銚子から始まり、飯岡、片貝、白子、一宮、東浪見、太東、大原、部原、御宿、鴨川、そして最南部の館山までそれぞれ特徴的なサーフポイントがある。また、漁港もたくさんあり、その季節季節の旬の魚があがる。
東京湾側の内房。
こちらも、カイトサーフィンやクルーズなどのメッカだ。また、ここ東京湾で捕れた魚で作られるのが江戸前寿司だ。東京まで大体どこから行っても、1時間~1時間半程度なんだけれど、千葉の人達はどこかのんびりしていて牧歌的だ。一宮あたりでは最近では東京圏にお勤めの方が増えた。
暮らしの物語
朝一、ラフなスウェットで海に向かう。
まだ暗いうちから波に入り、その後自宅でシャワーを浴びる。
その後スーツに着替えて一路電車で仕事に向かう。タフな生活だなと思う。だけど、そんな暮らしに憧れて移住する人が後を絶たない。
休日は、当然海だ。
まだ小さい子供を連れてワンボックスカーで海に向かう。ゆっくりと波間に揺られながら、太平洋の海を堪能する。海から上がり体を乾かしカフェに行く。海沿いには有名無名、大小問わず、たくさんのカフェが乱立している。外房の海の近くに住んでいる僕ですら、「いつのまにか?」という気づかない店舗が多い。
ゆっくりとコーヒーを飲みながら午後、どうするかを相談する。
午後はやっぱり自宅で過ごすことに決めた。深く伸ばしたポーチのあるデッキ。半分自作したカヴァードポーチの下でリクライニングのデッキイスに座りながら真っ昼間からビールを飲むんだ。家の洗面室から繋がる外部デッキに付けられた外シャワーを浴びて海塩を払い落とす。
そういえば夕方に友人家族4組とバーベキューのアポイントが入っていた。
広々としたデッキと上手く廻りから見えない様に配置した目隠しの樹木が「丁度良い」そうだ。海沿いの家にはガレージがよく似合う。似合うというよりも付き物だ。いや、無きゃないで困る。海好きに車好きは多い。そしてアウトドア好きも。
広いガレージがあればそこでロングボードのメンテナンスが出来るし、海風から自転車やオウトドア、バーベキュー用品を守れる。ロングボードのとり廻しの必要がなく、室内に収納でき、雨風から守れるガレージを重宝している。当然車も。
家の中では奥さんが暖かいコーヒーをキッチンで淹れてくれている。決して最新の設備ではないが、少しずつ自分たちの使いやすいように工夫を凝らしてきた。キッチンの裏側にカウンターが伸びておりそこはプチCAFEだ。夜は当然プチBARに変わる。リビングの真ん中には薪ストーブがある。やっぱり、その前の空間は格別だ。愛犬のレトリバーが冬の期間はそこに陣取っている。床もいい感じに焼けて、艶が出てきた。ウィスキーの樽などに使うオークの床だ。あまり気を使わないのでガンガン傷が付いている。それもこの家の味だ。神経質に暮らす家は僕ら家族には似合わない。
私たちが手掛ける暮らし
  • 海好きの方はお金をかけて最新の物を・・というよりも、そこに流れる時間そのものを大切にする方が多いように感じます。最新の設備や工法を取り揃えた流行りの家よりも、心地よくゆったりとした時間が流れるような空間をつくります。
  • 無垢の木を荒っぽく貼った壁に自分達でエイジングしたり、黒板を飾ったり、大好きな作家の絵を飾ったり。余計な装飾を付けず、少しずつエイジングしていく。自分たちで味付けをし、自分流でつくりあげる暮らしです。
  • 大きなデッキ、カヴァードポーチ、カフェ型キッチン、海風や水に強いレッドシダー外壁、経年していく無垢の床やドア。サーファーのための暮らしを叶えるため、予めインクルーズされたものをご提案します。
海が好き、山が好き、車が好きな人の為の家。住まいは建てる事が目的ではなく、その後、その空間、居場所でいかに過ごすのか、どう自分たち風にアレンジをしていくのかが大切だと思うから。

私たちの想いはここまで、「いいな」と感じたご家族は一度会いに来てください。
心地よい居心地と、ゆっくりとした時間が流れる空間を提供出来ると思います。
僕らが造っているのは、そのゆっくりとした時間そのもの、環境なのです。 「Surf Style+L」発起人 
加藤 行人
お問い合わせは
こちらから
villa by the lake 「湖畔に建つ家」

湖畔のほとりに建つデザイン住宅。
玄関から入ると大きな中庭を囲むロの字の家。こだわりの海外製のキッチンや湖を望むウッドデッキから景色を切りとる贅沢な空間。


  • どことなくアンティークの雰囲気の漂うキッチンは海外製。全体の雰囲気となじむように造作を加えて仕上げてあります。
  • ホールに設けた薪ストーブ。周辺の耐火レンガなども室内のインテリアとマッチするようにコーディネート。パチッパチとはぜる薪の音に癒されます。
  • 湖畔を望むデッキスペース。建物に沿わせたパーゴラ(木の柱)は眼下に広がる絶景を切り取る額縁に。囲われることで視覚的に室内にいるような感覚に陥ります。
  • 湖に面して開けたリビングの大きな窓。窓を開けることで心地よい風が流れます。思わず伸びをしたくなるような心地よい空間です。
一階床面積 23.66坪(77.41㎡) 二階床面積 10.70坪(35.40㎡)
延床面積 34.36坪(113.63㎡) 敷地面積 78.06坪(258.07㎡)
カヴァードポートのあるアメリカンハウス

大きなカヴァードポーチを備えた普遍的なアメリカンハウス。実は二世帯住宅のこの住まいは、使い勝手を考えられた回遊動線のほか、デッキを最大限に楽しむ暮らしを盛り込んでいます。


  • 途中で間仕切ることもできるLDスペースは家族の空間。テキスタイルのカーテンなどラフなインテリアが良く馴染む。
  • 各世帯に設けたカヴァードポーチ。ベンチやテーブルを置くことで家族一人一人が思い思いの時間を楽しめます。
  • ポーチでは趣味のスウェットスーツやサーフボードなど、外でのアクティビティの道具を置いてもサマになる空間。広い庭ではBBQを楽しむことも!
  • スタイルだけでなく、当然使い勝手も考えた間取りでご提案。回遊動線を基本とし、家事を考えた洗面室からキッチンまで一直線の動線を組みました。
一階床面積 37.07坪(122.55㎡) 二階床面積 14.02坪(46.37㎡)
延床面積 51.09坪(168.92㎡) 敷地面積 54.10坪(178.87㎡)
Surf life house

海のかおりとそよぐ潮風。無垢のウェスタンレッドシダーの外壁が青い空によく映える、海が大好きなご家族の為のお家。波の良い日に思う存分サーフィンを楽んだ後、屋外に設置したシャワーで海の砂を落とす。無垢の木と漆喰で仕上げた室内は、解放感のある大きな吹き抜けとカフェのようなこだわりのキッチン。「家族」と「海」が大好きな人へ贈るサーフスタイルの家


  • キッチンはコミュニケーションキッチンを基本として見せるインテリアに。あえて粗雑さを出すためにテーブルには節の目立つ木材でテーブルを作ってあります。
  • キッチン前にはデッキに続く空間として広いリビングを配置。インテリアの統一感を出すためにTV台まで大工の作り付けにて仕上げました。
  • ヴィンテージ感のあるウエスタンレッドシダーがアメリカンスタイルの外観とマッチします。サーフィンを楽しむための家として、屋外シャワーや薪ラックなど趣味を楽しむための装備をフルに設置!
  • キッチンからの眺めはこんな形に。薪ストーブがアクセントになるほか、リビングから外のデッキ、庭まで全てが見渡せる間取りになっています。
一階床面積 17.53坪(57.96㎡) 二階床面積 14.40坪(47.61㎡)
延床面積 31.93坪(105.57㎡) 敷地面積 55.90坪(184.80㎡)

お電話での問い合わせ

相談ご希望の方は、「サーフスタイルの住まいについて相談がしたいんですが…」と最寄りのスタジオまでお電話ください。

千葉スタジオ 流山スタジオ 市原本社スタジオ

フォームでの問い合わせ

以下のフォームからもご予約頂けます。
「ご質問・ご要望等」の欄に希望日、希望時間を記入の上、送信下さい。折り返しご連絡させていただきます。


お名前 (必須)
住所 (必須)
電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
E-mail (必須)
(※半角数字でご記入ください)
希望スタジオ (必須)

ご質問・ご要望等

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。