Know the people

河野 知佳

2018年4月入社

住宅アドバイザー
「この会社、絶対面白い。」という確信。スタイルプロポーザーとして、お客様の暮らしをカタチにしていきたい。

A-senseへの志望動機を教えてください

住宅デザインがかっこよくて、変化があって面白い会社であるという確信がありました。
入社前は家具屋さんで店長していて、それこそ、インテリアコーディネート、ライフスタイル提案、そしてスタッフ教育と多岐にわたることをしていました。家具単体をただ売るのではなく、暮らしごと提案する、スタイルプロポーザーの仕事はすごく楽しかったです。でも、そんな楽しさを超えるほどの熱意を持ってやれる会社を見つけて、それがエーセンス建築設計事務所でした。
お客様の理想をヒアリングして暮らしをカタチにしていく。間取りに暮らしを合わせるのいではなく、一家族ごとに暮らしをつくっていく。尚且つ自然素材のカッコイイ家を建てる。そんなエーセンスに興味を持ち、この会社で暮らしをカタチにできるような人になりたいと思い志望しました。
また、様々なことにチャレンジできることと、自分の可能性を広げられる環境にも魅力を感じ、入社を決意しました。

今、一番のやりがいはどんなことですか?

お施主様から直接「ありがとう」と言われる、そして密な関係であり続けられることが面白いです。OBツアーや、お施主様のご自宅の写真撮影をするのですが、ご自宅にお伺いした際に、「薪ストーブつけてよかった!ガーデニングして、ゆったり暮らせていますよ。」と言っていただき、建てた後も、満足して暮らしている様子を見ると、なんとも言えない達成感があります。当初はそんな予定が無くても、OBツアーに参加して、「薪ストーブが欲しくなっちゃった!」「小屋裏収納をつけようかしら」「お庭を広くとりたいな」など、打ち合わせ中のお客様から追加でご要望をいただくこともあります。
暮らすほどに暮らしを楽しめる家づくり―「河野さんでなければ、この暮らしはなかった!」と言っていただけることが、何よりのやりがいです。

3年後の目標を教えてください

スタイルプロポーザーとして、お客様に寄り添った提案をし、暮らしをカタチにできる人になりたいです。そのご家族が建てた後も満足度が高まり続ける、住むほどに愛していける家をつくっていきたいです。注文住宅は建てたら終わりではありません。建てた後も、アフターメンテナンスやOBの皆様をご招待してのイベントなど、一生のお付き合いができる仕事だと思っています。お施主様と長く付き合い、一生寄り添っていける、そんな人でありたいと考えています。
また、「河野ブランド」をつくりたいと考えています。今は、エーセンスで、北欧・和モダン・サーフスタイルとブランドがありますが、そんな人気ブランドに次ぐブランド開発をしていきたいです。
あとは、社内で「自分と同じことをできる人を増やす」。人材育成・マネジメントのようなものですが、成功事例を共有し合い、標準化していく。そんな社内体制構築とマネジメントにも挑戦したいです。

河野 知佳さんの一日の流れ

  • 9:00

    スタジオオープン準備

  • 10:00

    写真撮影

  • 12:00

    ランチ

  • 13:00

    お客様と打ち合わせ

  • 15:00

    インテリア選定

  • 17:00

    サンクスレター作成