Know the people

永井英子

2016年4月入社

設計・インテリアコーディネーター
また、チーム全員で0から店舗デザインに挑戦したいです

A-senseへの志望動機を教えてください

最終的な決め手は「人」だと思います。

小さい頃から、絵を描いたり、モノづくりが好きで、そのまま建築学科がある大学に進みました。昔から、「インテリアや空間デザインの仕事に就きたい」と思っていました。

A-senseの選考にエントリーしたきっかけは、webサイトに載っていた家のデザインに興味を持ったからでした。こんな素敵な家を建てている会社、あんまりなかったように思います。選考中は大手ハウスメーカーかA-sesneで迷いました。でも、「地元密着の工務店は、大手より成長スピードが圧倒的に早い」そして、接客、設計、なにより私が大好きなインテリアの仕事のトータルができると感じておおよそ気持ちはA-senseに向いていました。

最終的な決め手は「人」でした。選考が進んでいくにつれて、いろんなスタッフさんと会わせてもらって、最終的に社長と会える機会をいただいたんです。面接で社長と話せるって普通はないですよね。そこで社長やスタッフの皆さんとお話させていただいて、どんどん人に惹かれていきました。「風通しの良い社風」「お互いをあだ名で呼び合う仲」いいえ、そんなもんじゃありません。友人以上に友人のような、まるで家族のような、そんな関係で毎日過ごせています。

今、一番のやりがいはどんなことですか?

2016年にオープンした市原市の新スタジオ、通称”千葉スタ”の立ち上げに0から携われた時のことです。

新卒1年目で、まさか店舗開発なんで考えてもいませんでした。私は主に設計周りを担当したのですが、最初はわからないことだらけでした。でも、チームのみんなが助けてくれて、手取り足取り教えていただたき、スタジオ完成当日を迎えることができました。一人じゃ絶対できなかったことですし、チームのみんなで取り組めたので、私も頑張れました。

新卒1年目で店舗の設計・デザイン、こんな貴重な経験めったにできないと思います。

3年後の目標を教えてください

もう一回、店舗設計したいです

直近だと、もう一回、0から店舗の設計をしたいと思っています。千葉スタが完成したときの達成感と、楽しさが忘れられないんですよね。A-senseは2020年までに千葉県を制覇すべく、新規出店をたくさん控えています。またチームみんなで0から店舗デザインをしたいですね。

3年後だと、やっぱりインテリアになっちゃうんですけど、例えばインテリアショップを立ち上げてみたり、輸入雑貨の仕入れにも挑戦してみたいです。住宅はもちろんですが、「人が暮らす、すべて空間をデザインしたい」そう思っています。

永井英子さんの一日の流れ

  • 9:00

    モデルハウスオープン準備

    スタジオ・AsWellモデルハウスOPENの準備をします。みんなで掃除をして、お客様をお出迎える準備をします。スタジオがきれいだと、仕事もやる気になりますよね。

  • 10:00

    見積もり作成

    お客様にお渡しするお見積書を作成します。入社するまでもちろんやったことのない業務ですが、先輩に丁寧に教えてもらい、一人でも作成できるようになりました!お金のことなので、慎重に取り組みます・・・。

  • 12:00

    ランチ

    ランチタイムもみんな食べます♪スタジオ内で食べる日もありますし、外食することも多々。千葉の街のことを知るのにもいい機会です。ランチネタはブログにもたまに書きますので、よかったら見てくださいね。

  • 13:00

    プラン作成

    家具などのインテリアや、電気の配線図を書き出します。インテリアはカタログやお客様からの情報をもとに勉強して、お客様にご提案します。インテリアに詳しいお客様や、輸入物がお好みのお客様もいらっしゃるので、たくさん勉強します。デザインテイストも、北欧風からシックなものまで色々あるので、迷っちゃいます!

  • 15:00

    お客様と打ち合わせ

    今まで準備してきたお見積もり・プラン・インテリアなどをお客様にご提案します。お客様が気に入ってくださったときの達成感と、お客様からのお褒めのお言葉で、よい一層いいものを提案しようと頑張れます!ちなみに、お子様と遊んであげるのも、お仕事の一つですよ(笑)

  • 18:00

    モデルハウスクロージング

    お客様との打ち合わせも終わり、打ち合わせ内容をまとめ、明日の準備をしたら、モデルハウスをクローズします。「今日も一日お疲れ様でした」と感謝の気持ちを込めて一日を終えます。