Know the people

栗原瑠美

2017年10月入社

住宅アドバイザー
いつか父を超える建築デザイナーに。お客様に愛される住宅ブランドの開発に挑戦したいです。

A-senseへの志望動機を教えてください

建築士である父の影響で、モノづくりや住宅づくりに対する思いは小さい頃からありました。
初めて父が設計デザインする家を見た時、そしてお客様がすごく喜んでいる笑顔を見た時、小さいながらとても感動したのを今でも覚えています。
そこで私も父のような「豊かな暮らしを自分で提案したい」と思うようになりました。

そこから建築の学校を卒業して、ハウスメーカーに務めました。
大きい会社だけに、自分の思い描いていた自由設計やお客様との打ち合わせはあまりできずにどうしようと悩んでいた時に、エーセンスを見つけました。
今まで多くの大手ハウスメーカーや工務店と面接しましたが、社長が『自分の知識や経験を積んで、いずれお父さんみたいに自分の会社を立ち上げたいと思った時の土台にして構わないよ』と、その一言でこの会社で働きたいとビビっときたんです。正直、その瞬間に社長の人間性に惚れたんだと思います。

自由設計以外に自分を磨ける環境、新しいものにチャレンジできる場所、何よりクリエイティブな会社です。
この先、楽しいことが自ら見つけられる魅力溢れる会社に出会えた事に感謝です。

今、一番のやりがいはどんなことですか?

現在、新しく流山に店舗展開をするにあたって、店舗デザインやインテリアなどのトータルプロデュースを任せて頂いています。
入社して一年未満の私が店舗を任せて頂けるなんて、普通の会社では考えられないですよね…。
初めての事ばかりですが、周りの先輩方がフォローして下さるので、安心して進めています。
新しく何かにチャレンジできる機会だと思い期待に応えたい気持ちと、人生の中でこんなにも光栄な事はない!という感謝の気持ちでいっぱいです。

3年後の目標を教えてください

自分のデザインした住宅ブランドをつくる事です。
藍舎の和モダン住宅や北欧住宅があるように、新しいコンセプトをもった住宅ブランドを企画したいです。
「エーセンスのこの家を見て建てたいと思って来ました」と言ってもらえるような、お客様の思想に根付く住宅ブランドを家を作り出したいです。
そのためには、多くの知識や経験、挑戦できる環境が必要だと考え、まさにエーセンスであれば、叶えることができると思っています。

近い将来、エーセンスの根幹になるようなブランドをつくりたいです。

栗原瑠美さんの一日の流れ

  • 9:00

    オープン準備

    掃除や展示資料の補充など、スタジオオープンの準備をします。

  • 10:00

    資金計画作成

    お客様の資金計画を組み、銀行に資料を持っていきます。その後、お電話やメールで銀行の担当者と打ち合わせします。

  • 12:00

    ランチ

    みんなで外に食べに行きます。千葉の美味しいお店に行ける、楽しみな時間です♪

  • 13:00

    モデルハウスご案内

    お客様をモデルハウスや完成した建物にお連れいたします。モデルハウスでは中まで入って、間取りやデザイン、ライフスタイルを提案します。既に弊社で建てた建物は、外観のみ数件お見せするツアー形式でご案内をします。

  • 15:00

    土地探し・お客様フォロー

    お客様にご依頼をいただいている土地を探すのに、不動産会社へ訪問したり、お電話して資料を取り寄せます。また、お客様へ見学会の案内のお手紙を書きます。一通一通、心をこめて手書きで書きます。

  • 17:00

    店舗出店計画作成

    新店舗出店に伴う計画書の作成や、社内会議を通して情報共有します。スタジオオープンまでの進捗はどうなっているか?問題は起きていないか?店舗出店にあたり、より良いアイディアをブレスト形式で出しあったりもします。