漆喰の悩みが解消?!~シミの取り方・メンテナンス・絵画のかけ方~

投稿日:2018年11月23日

こんにちは、設計の塩田と板谷です。

 

弊社の家の大きな特徴の一つ。

それが白く美しい自然素材の漆喰塗り壁。

美しい景観だけでなく調湿効果・消臭作用等にも優れ、OB様は皆さん天然漆喰の内装壁を愛してくださいます。

アフターなどでお伺いした際に拝見しても本当に大切に使っていただいています。

その漆喰で様々なお悩みがあると思います。

その中で今回は、シミの直し方・欠けた箇所の直し方・壁に絵を掛ける方法の3つを紹介します。

 

 

 

漆喰塗り壁のシミの直し方


 

1つめは漆喰にシミが出来た場合についてです。

漆喰塗り壁に、もし万が一コーヒーなどの色の濃い飲み物をこぼしてしまったら…。

想像するだけでぞっとしますよね。

漆喰壁の色抜き方法のご紹介を致します。

 

 

DSC_0371

 

ありえないほど大きなこぼし方はしないにしても通常の生活のなかで、壁やキッチン周りの漆喰壁に何らかのシミを作ってしまうことはよくあることです。

 

そこで、簡単かつ有効な染み抜きの方法をご紹介していきます。

※油汚れは除きます。

 

 

『シミ抜き開始』


DSC_0452

 

 

①市販の漂白剤を水で約4倍に薄めます。

 

 

DSC_0430

 

 

②霧吹きを使い、シミの周りに吹きかけます。

 

 

DSC_0446

 

 

③30分ほど放置。

※このときに床や他の木部に付着すると、まだら模様に脱色されてしまいますのでご注意下さい。

 

 

 

④霧吹きで水を吹き付けて中和させます。あとは自然に乾くのを待つだけです。

※汚れが落ちていない場合は、綺麗な歯ブラシや荒めの紙ヤスリなどで軽くこすり落とします。

 

 

 

感想


 

DSC_0481

 

設計の吉野さんもこの笑顔!

なんとか無事にシミを落すことができました。

 

この漂白方法は漆喰のカビにも応用出来ますのでぜひお試しください。

ただし、カビが出るのは湿度が高すぎることが原因なので、まずはそちらを解決してから実行して下さいね。

 

※注意事項※

・必ず事前に小さな範囲でテストをし、色落ちや黄ばみ残りがないか確認を行って下さい。
・漂白剤は有害なガスを発しますので必ず換気を行って下さい。
・他の薬品とは絶対に混ぜないで下さい。
・漂白剤が木部や木床、その他の物に飛び散ると変色します。必ず養生を行って下さい。
・何事もやり過ぎは禁物です、薬品のかけ過ぎや濃度状況などを見ながらご自身の判断、責任において実行して下さい。

 

 

 

 

『欠けた漆喰の手直し方』


 

 

 

続きまして『角部分の漆喰が欠けてしまった場合のメンテナンス方法』をご紹介します。

 

 

 

 

写真に見える欠けた漆喰を直します。

漆喰が完全に剥がれ、下地が見えています。

 

 

 

ちょうど腰の高さと足元の高さ。

荷物運びの際にぶつけたり。

掃除機をかけている時にぶつけたのでしょうか・・・。

 

 

 

 

用意する物


 

用意する物

 

・漆喰

・紙コップ

・雑巾

・プラスチックのヘラ

 

 

 

 

やってみよう!


 

 

まずは漆喰に少量ずつ水を入れてマヨネーズくらいになるまでよく混ぜます。
注意すべきは水の量。

加水は『ちょっとずつ』がポイントです。

今回は、漆喰修繕初体験の設計部 倉富さんに直してもらいました。

 

 

 

慎重に水を少しずついれていきます。

 

 

 

 

念入りに混ぜ混ぜします。

下のほうに粉が固まりがちなので、しっかりとすくいながら混ぜましょう。

 

 

 

 

指に漆喰を取り、角の欠けた部分に塗っていきます。
多少出っ張るぐらいでOK。

床にこぼしてしまったらすぐに拭き取ります。

※ほっておくと黒墨になってしまうので必ずすぐに拭き取って下さい。

 

 

 

修繕部分に漆喰を盛ったら、プラスチック製のヘラ登場です。
ヘラを使って、角が出るように余分な漆喰をならしていきます。

 

写真のように、盛られている漆喰&余計に付いてしまっている漆喰を取り除きながら角を整えていきます。

乾いたら色も馴染んでいきますので、多少の残りはOKです。

 

 

完成!

今は2色に見えますが、漆喰から水分が抜けて乾くと同じ色になるのでこれで大丈夫です。

 

 

感想


 

初めてでも簡単に直す事ができました。

自分でもびっくりするくらいに直ったので満足です!

 

 

『漆喰に絵や写真の掛け方』


 

3つめは、『漆喰の壁に絵や写真を掛ける方法』をご紹介します。

 

『漆喰壁に絵を掛けたいけど、砕けてしまいそうでどうすれば良いのか分からない』という方は多いのではないでしょうか。

 

絵を設置する方法は、下記の2種類があります。

 

・ボードアンカーという器具を使用して掛ける方法

・壁の中にある柱や間柱を利用して掛ける方法

 

今回は、簡単にしっかりと絵を掛けられる『 GLアンカー という器具を使った壁掛けの方法』を説明します。

 

 

 

はじめに


 

 

■ボードアンカーについて

ボードアンカーとは、絵や写真を壁に掛けるときに使用する器具のことです。
様々な種類があるので、いくつかご紹介します。

 

DSC_0531

 

 

ボードアンカーとして、ポピュラーな形の物3種類です。

  1. 向かって右の『極細スリム君』は予め下穴を適切な形で開けておかなければならず、初心者向きではありません。
  2. 中央の『らくらくボードアンカー』も下穴が必要なのですが、壁厚に対して適切な長さの物を選べないとブラブラになってしまったり、締め込み過ぎて壁を割ったりしてしまうので、こちらも初心者向きではありません。
  3. 一番左の『巻貝型のGLアンカー』は沢山のメーカーで似たような製品があるのですが、下地のボードの厚さを選ばず、下穴も必要ないので、簡単に設置出来ます。

今回は3の『巻貝型のGLアンカー』を使った設置をしてみましょう。

 

 

作業手順


 

 

手順① ボードアンカーを入れる位置を決める

 

 

DSC_0527

 

 

玄関横の壁に絵画を飾ります。

 

 

DSC_0541

 

一般的に額を飾る場合の高さは、絵の中心より若干視線が高めになるように寸法出しすると良いでしょう。
左右はその壁の中心になる場所を割りだしたり、飾る点数によって割り付けましょう。

 

 

 

手順②   下地(柱)を避けるため、壁の内側を確認する

 

DSC_0547

 

 

割り付けが終わったら、写真の手にとっている赤い道具『下地探しどこ太』でアンカーを入れる場所に、間柱や柱などが無いか確認します。
この『下地探しどこ太』は、針がスライドして下地の深さを探る道具です、探った後は小さな穴が残ります。

 

 

DSC_0548

 

 

細い針が出てきます。

この針が壁にどれだけ深く入ったかを見て、壁の内部を確認します。

 

 

DSC_0549

 

 

この程度の穴なら簡単に補修できるので、そんなに神経質になる必要はありません。
※調子に乗ってたくさん穴をあけると、後で目立つのでほどほどに。

 

 

 

手順③.ボードアンカーを壁に取り付ける

 

下地探りで、壁内に障害物が無いのを確認したら
プラスドライバーの先端に、ボードアンカーをかぶせて
ぐっと、壁に押しこみ、ネジまわしの要領で閉め込んでいきます。

 

DSC_0559

 

 

※電動ドライバーなど力加減が調整出来ないものは壁側をねじ切ってしまうこことがあるので使わない方がいいでしょう。

 

 

DSC_0564

 

 

無事、ねじ込んだ状態です。

 

 

DSC_0566

 

 

設置したボードアンカーにヒートンをねじ込んで・・・

 

 

DSC_0577

 

 

完成です。

メーカーによると説明書どおりに正しく施工されている場合、1ケ所あたり6キロ程度の重さまで大丈夫だそうです。

 

 

 

感想


 

 

難しそうですが手順は3つで簡単です。

まっさらな壁にぐりぐり穴をあけるのは、ちょっと勇気がいるかもしれません。

でもこちらを参考にぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

まとめ


 

 

今回は、シミの直し方・欠けた箇所の直し方・壁に絵を掛ける方法の3つを紹介しました。

どれも手順を守り進めれば簡単にできます。

漆喰でお悩みの方は、ぜひ挑戦してみてください!

 

この記事を書いた人

板谷和幸

板谷和幸

2018年11月23日 投稿|