子供部屋の間仕切りリフォーム。

投稿日:2019年10月03日

こんにちは、工務の村上です。

本日は「 お部屋の間仕切り 」のお話です。

 

エーセンスではお施主さまのライフスタイルに合わせて、新築当時は一部屋、将来的には間仕切れるようご提案させて頂くことがございます。

今回ご紹介します住宅は市原市のT様邸にて、お子様の成長を期に間仕切り工事をさせて頂きました。

 

 

 

間仕切り工事スタート(工程前半)


 

 

まずは下地を作成します。

 

 

木材でしっかり木枠と柱を新設し、天井の梁に合わせ固定をします。

 

 

新設した枠に合わせてパネルボードを打ち込みます。

 

 

これで下地完成です。

初日は、午前中の作業からお昼ごろにて終了です。 

残りの作業は日程を改めて作業を行います。

石膏ボードのビスも職人さんの手によってビシッ!と綺麗に打ってありますね。

さすがです。

 

 

 

間仕切り工事(後半工程)


 

 

続いて、後半の工程左官工事をご紹介します。

 

 

まずは施工予定以外のスペースを保護する「 養生(ヨウジョウ) 」を行います。

この養生を丁寧に施すことで熟練の左官屋さんは「 段取り八分(ハチブ)。養生が終わったら仕事は終わったようなもんだ 」とおっしゃいます。

 

沢山の経験からくる言葉は重みがあります。

さすがです。

カッコいいです!

 

私も手伝い、養生フィルムシート マスカーで養生。

こちらはサイズが色々ありどれもコンパクト巻かれ、短いものでも高さ500mmから。

ホームセンターの塗装用品コーナーにお取り扱いがあります。

今回の使用養生フィルムシート マスカーは、天井高さ2400mm(2.4m)に合わせ、2600mmを用意しました。

 

 

ここで注目です。

もともと養生フィルムシート マスカーに備えわっている緑テープの部分は接着が強いため、扉の枠シートを剥がしてしまう恐れがあります。

その為もう少し接着が弱い青色のマスキングテープを下地に使用しました。

 

扉枠に青色マスキングテープを貼り、その上から養生フィルムシート マスカー。

これで安心です。

 

 

 

こんな感じになりました。 

これですべての養生が完了。

ここから現場を一旦離れ、職人さんに託します。

 

 

 

養生を終え左官を始めたのは午前10時頃。

時間をまたぎ午後3時過ぎには完了しておりました。

左官屋さんより

「 終わったよー。確認しといてね。」

「あっ、片付の時にまだ乾いて無いからキズ付けない様に気をつけてね。」との連絡。

「もちろんです。ありがとうございました。」

 

なお 乾燥時間は、約一日位掛かります。

その間は触らない様に。

お施主さまのT様にもお伝えをさせて頂きました。 

 

最後に扉の取手も壁に当たらない様に、扉上の戸当たり(扉を固定の位置で止める部品)も調整しすべての作業が完了。

 

もともと有ったかの様にな綺麗に仕上がりました。

T様にも、お子様にも大変喜んで頂けました。

 

また取材に伴い、お施主様のT様ご家族様、大工さん、左官屋さん。

大変お世話になりました。

みなさまご協力頂きまして誠にありがとうございました。

この記事を書いた人

村上尚

村上尚

2019年10月3日 投稿|