鹿角シャンデリアのある家

千葉県鎌ヶ谷市 N様

1:建てる前のこと
ホルムアルデヒド対策と構造重視でさがして
ご主人:住宅に関するホルムアルデヒド(アレルギー)が気になり二年ほど書籍などで構造等住宅の勉強をし、澤田さんの著書からアズウェルにたどり着きました。その後千葉の山奥、公園近くの見学会で露崎専務が相手をしてくれて。専務の顔が甥っ子に似ていて(笑)。おっとりと話す専務さんはハウスメーカーのガツガツした営業の感じがなくて好感がもてました。そして(他社では)一問一答の答えが返ってこず不信感を抱いていましたが、アズウェルは質疑の問い合わせに次回まで返答がもらえた。社会として当たり前のことだけどそれがよかった。
 

お家を建てる上で大切にしたところはどこですか?
ご主人:土地ですね。本当は七十坪くらいの平屋がよかったのですがこの辺りの地域区画が五十坪くらいの小分けで。元が沼だと天災とか気になったから図書館で地盤も調べたり。あと子供が生活しやすいか。夜道は暗くないかとか。夜間に歩いてみたりもしました。
 

2:完成した家の中で一番こだわったことは?
吹き抜けに本物の鹿角シャンデリア
ご主人:吹き抜けを造ってこだわりの照明をつけたコレ(鹿角シャンデリア)かな?本物の鹿角で雑誌で見てすごく気に入り、自分で調べまくって。販売元の北海道帯広まで直接行って交渉し購入しました。
 

栗:アズウェルで特に良かったところはありますか?
奥様:イベントですよね。今までのOBさんとのコミニケーションがとれたので床掃除やラジエントのことが聞けて良かった。あとお料理教室とか薪割りとか。専務の家も拝見できて本当に良かった。高台にある家。あれは理想的だよね(笑)。
 

3:これから家を建てる方へ
沢山の家を見学して理想のイメージを伝えて
ご主人:思ったことは何でも言う。全て図面に起こして貰ってから予算と相談して消去法で良いのではと。
奥様:あと人の家とかもっと沢山見た方が良いですね。住はじめて今だから気が付くことが多くて、棚の位置とかもっと細かいところを見た方がよかったなと。99%旦那にまかせっきりにし過ぎてしまった。だから色々見て、気づいて自分の希望をちゃんと言った方が良いですよ。
 

 
 

 
2018年2月28日 投稿|