海へ河へ。

投稿日:2019年08月13日

こんにちは、総務兼広報担当 橋本です。

連日いただいております夏期休暇。

その余暇を利用し、旦那の実家である和歌山県新宮市へ行ってきました。

 

移動には新幹線などを利用し、約八時間少々。

移動で1日なくなってしまうほど遠いのが難点です。

心配していた台風もギリギリそれて、翌日からは自然を楽しみにお義父さんと娘とお出かけ。

 

 

滞在二日目、車で20分程移動し近くの海へ。

水温が温かく、海面は優しい青色で綺麗でした。

浜は海中含め砂利浜で素足で歩くとずっと足裏のツボ押し状態。

サンダルを脱いで歩くたびに『あいたたた!』となっていました(笑)。

 

 

翌日は、山中にある自然プールへ。

こちらは河の流れが穏やかな場所にロープがはってり、大自然の中で魚を捕まえるなど川遊びができます。

 

しかし。

胸までつかるのが辛い程、水がもんのすごく冷たかった…。

でも、そんな冷たさを忘れるほど河の水が綺麗で、沢山の魚が泳いたので網で捕まえてみたり。

時間を忘れて自然を満喫でしました。

 

 

 

滞在四日目は、思いつきで伊勢神宮へ。

実家から車で片道二時間少々。

先に神様の台所である外宮へ立ち寄り、近くで伊勢うどんをいただき、お昼前に内宮に向かうも既に駐車場が一時間以上待ちの満車。

 

そのため内宮参拝は次の機会にと、赤福本店近くの横丁を散策してきました。

 

そんなあっという間の四泊五日。

かなり遠方にはなりますが、ありのままの自然が本当に美しく、あっという間に過ぎた滞在期間でした。

 

皆様も機会がありましたらぜひ。

この記事を書いた人

橋本智恵

橋本智恵

2019年8月13日 投稿|