家庭菜園 面積拡張

投稿日:2019年05月24日

こんにちは、アフターメンテンナンス 村上です。

 

本日は、やはり また 家庭菜園ネタです。

今回は、枝豆を植えてそのままにして

 

『 枝豆味噌 』 を作ろうと妻と話をして 面積拡大に踏み出しました。

2㎏~3kg くらい作るには、100株程 必要なので 今回は妻の実家の敷地も借りての試みです。

 

 

妻の実家には、もう耕して植えてあります。 左下の写真は、我が家の隣の新たに購入した土地です。

 

 

  

(面積拡大中)                    (小型育苗ハウスを作りました)

 

面積拡大している所は、

もともと 竹林だった為、 ( 竹の根・草が木になってしまった根・コンクリガラ )が。。。

ミニ耕運機の 菜園君も飛び跳ねながらの地味に重労働です(笑) 根が回転する刃に絡まりながら撤去しながら耕していきます。

しかしこれだけでは進みが悪かった為な。。。 鍬を取り出し。 人力でウンセホイセ です。 

腰がイタイ。  なかなか作業が進みません。 

 

 

相棒の菜園君です。

 

右側の( 小型育苗ハウス )は、時期をずらしながらいろんな野菜を栽培していくための物ですね。

上の蓋が開くように、後ろに丁番が仕掛けてあります。 因みに、育苗ハウスの手前に植えてあるのは トウモロコシです。 こちらも種から育てています。 

 

 

土地は、40坪位で格安で購入できました。  将来は、ここに 子供のジャングルジムを! 

ブランコを単管で組んであげようかと考えています。  

まだまだ楽しみは増えていきます! 楽しさは自分で見つける。

 

 

大切なお住まいのメンテナンス。 自らの手でメンテナンス。 

家は住むための箱ですが。 楽しみながら家とどう付き合い、どう向き合って行くのかが大事です。

どう、 『 暮らし創り 』 を楽しむかが、鍵ではないでしょうか。

 

 

 

         『 木と塗り壁の家 』 必ずメンテナンスが大事になってきます。 

どんな性格を持っていて、どう成長をしていくのか。 家の建っている環境・立地条件によって変わっていきます。漆喰も家の内壁角の方は、ぶつかれば欠けていきますし。 地震が無くても住みながらの生活振動・環境振動で木と漆喰のぶつかる部分から多少の粉が落ちる事もあります。ご理解下さいませ

 

                メリット・デメリットはあります。

 

                ビニールクロスとは、違う物です。 

 

経年による漆喰の補修等も、お客様の手で施して頂く事により、より愛情が注がれていくと思います

                 可愛がってあげてください。 

 

 

先日は、スナップエンドウを初収穫して、

しみじみと、作った野菜の美味しさを堪能している村上でした。

 

この記事を書いた人

村上尚

村上尚

2019年5月24日 投稿|